ジョジョの奇妙な冒険4部、ついに実写映画化!大ファンが期待と不安で映画を分析!

ジョジョの奇妙な冒険 (46) (ジャンプ・コミックス)

かねてより噂になっていた『ジョジョの奇妙な冒険』がついに実写映画化される運びとなりました!

本当にジョジョを映画になんてできるの!?

ぼくはジョジョの大ファンで、もう20年以上ジョジョを読み続けているんですけど、考えれば考えるほど、本当に映画化して無傷で済むのかと心配してしまいます!

今は『君の名は』とかが受ける時代なのよ!!

本当にそこからジャンプして、無傷で着地できる!?

そんなジョジョ実写化、キャストや詳細を解説するとともに、20年来大ファンのぼくが、期待と不安を徹底分析します!

※こちらは記者会見・詳細発表より前の予想記事です。最新情報まとめ記事も合わせて御覧ください。

ジョジョ第4部一章、キャスト一覧

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない Vol.1<初回仕様版>Blu-ray(イベントチケット(昼の部)優先購入抽選申込券付)

東方仗助役…山崎賢人

空条承太郎役…伊勢谷友介

広瀬康一役…神木隆之介

山岸由花子役…小松菜奈

虹村形兆役…岡田将生

虹村億泰役…真剣佑

片桐安十郎役…山田孝之

キャストについてはかなり練り上げられていたようです。

ネットニュースメディアによると、仗助にはもともと松本潤が選ばれていたものの、荒木先生が仗助の大柄なイメージに合わないとOKを出さず、山崎賢人に変更になったと言われています。

これによりジャニーズ事務所は激怒し、「ジョジョにジャニーズは出さん!」と宣言していると報道されていました。

それはともかくとして、キャストは荒木先生がOKを出しているなら、ファンのぼくも言うことはないです!実際によく見て考えていると思うし…。

ちょっと伊勢谷さんとか、承太郎にしては背が小さすぎ、筋肉が少なすぎるとも思いますが、ジョジョ4部のキャラなんて、身長2メートル近くあるのはざら、筋肉もボディビルダーくらいありますからね。

日本の物語なのにほとんど外国人でしか用意できなくなるので、そのへんは今のキャストでいいです!

一番の問題はスタンドですよ!! みんなスタンド出せる!?

出して事故にならないですむの!?

『スタンド』演出が最大の鍵…CGで事足りるのか!?

ジョジョのキャラたちは、全員『スタンド』と呼ばれる特殊能力、いってみれば『心のなかにあるもうひとりの自分』のような守護霊的存在を自由に使いこなすことができます。

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 13.クレイジー・ダイヤモンド (再生産) (荒木飛呂彦指定カラー)約17cm PVC製 塗装済み可動フィギュア

山崎賢人さんは、これ↑を呼び出して戦うことになるのですが、正直言ってこういう人たち、クラスメイトのちょっと変わった奴にもまず存在しないようなヴィジュアルなので、こういうのを側に出して、本当に実写映画としてリアリティが続くのかという不安があります。

ジョジョはリアリティが命ですから…!!

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 13.クレイジー・ダイヤモンド (再生産) (荒木飛呂彦指定カラー)約17cm PVC製 塗装済み可動フィギュア超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 16.キラークイーン(荒木飛呂彦指定カラー)

最終的にはこの二人で殴り合うんですけど、こうなってくるとアニメで十分といった感じになり、どこまで実写が活かせるのか本当に心配です!

究極的には、『君の名は』の神木くんが出てくれてるので、『君の名は・外伝 ~ジョジョの奇妙な冒険~にすれば、コケることだけはなくなると思います!!

このスタンド描写がどうなるのかは、ファンも本当に期待と不安が集中するところです!

『デスノート』のリュークはかなり違和感なく再現度高かったので、ジョジョもいける!!と信じたいです!

4部ストーリーをどこまで再現するのか徹底予想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない Vol.2<初回仕様版>Blu-ray(イベントチケット(夜の部)優先購入抽選申込券付)

今回の映画は4部がテーマで、第一章というサブタイトルから、何作にも渡って上映されていくようです。

山岸由花子の名前が出ていますが、正直言って、最初からストーリーを追いかけていると時間がいくらあっても足りません。比較的スピードの速いジョジョ4部のアニメでも、山岸由花子が出てくるのは8話。3時間以上かかっています。

もしもジョジョ映画が3部作なら、次のような構成だと美しく仕上がるのではないでしょうか。

第一章 東方仗助登場、スタンドや世界観の説明、億泰や由花子などのサブキャラ一通り登場

第二章 吉良吉影登場、岸辺露伴登場(一章に露伴が出ないのは、キャラが濃すぎてパンクするから)。吉良が川尻浩作になって逃げ切りエンド

第三章 吉良吉影と最後の決着

正直言って、この構成だったら2時間映画を存分に使って4部を再現できるので、ぜひ見に行きたいと思ってしまいます。

もし2部作だとすると、本当に駆け足で吉良との決着をつけなくてはならないので、ぜひ3部作でまとめてほしいところ。

最後の『バイツァ・ダスト戦』は特にじっくり再現してほしいです!

4部は映画にぴったりな部分も

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない Vol.3<初回仕様版>Blu-ray

ジョジョ映画の中で、映画映えするのは『4部』と『7部』なのではないでしょうか。

7部である『スティール・ボール・ラン』は、19世紀末、アメリカ大陸を馬一頭のみで横断するレースが舞台ですが、これは普通に映画として存在してもおかしくない素晴らしい題材。

しかし、どう考えてもロケをアメリカでやらなければ辻褄があいませんし、数百頭の馬や選手が必要になることを考えると、予算的に現実的ではないですね…。

そういう意味で、4部は日常に潜む殺人鬼の恐怖がテーマであり、舞台も日本なので再現しやすいと思います。

しかも日常の『奇妙』をテーマにしているため、イタリアレストランに行くだけで済むなど、実に予算もエコロジー。

ジョジョで一番人気があるのは『3部』ですが、これもエジプトまで旅をするわけですから、今の日本映画会にそこまでの予算があるとは思えません。

敵ボスがエジプトに隠れているというから面白いのであって、「敵ボスは埼玉県にいた!」とかなると埼玉県警で対応してくださいという話になりますから…

ですので4部はある意味映画にはぴったりであり、上手くいってほしいと願っています。

『1部』もゾンビバトルなので映画にはぴったりなんですけど、これまた予算の問題で難しそうな題材です。

舞台はおそらく仙台、監督や脚本は?

4部の杜王町は仙台がモチーフなので、ロケ地も仙台になるのではないかと考えられます。

すでに仙台はジョジョ聖地としてさまざまな企画が行われていますが、今後地元の方は更にジョジョを楽しめるチャンスになるのではないでしょうか。

更に気になるのは監督や脚本家で、このあたりの方々がジョジョをよく知り尽くしていればいるほどいい映画になるのですが、よく知らない人が監督を務めることになると、誰も得しない状態になってしまいます。

ここがまだ明らかになっていないので、判明したらまた記事にしたいと思います。

今現在は待つ他ないのですが、本当に絶対コケるなと思いながら楽しみにさせていただきたいと思います。

ちなみにぼくは漫☆画太郎先生のファンでもあるのですが、こちらの『珍☆遊記』実写映画化のときも本当に楽しみにしていたんですけど、これはコケるという言葉が可愛らしく感じるほどの撃沈となりました。

タイタニックと分かっていて船を出すなよという声もあるかも知れませんが、画太郎先生の人気が増すために成功してほしかった…!

ジョジョ映画も成功を願ってます!!

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。記事が面白かったらシェアしていただけると嬉しいです。

フォローする

スポンサーリンク